カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

静岡県産掛川茶(かけがわちゃ)【日常茶におすすめ・深蒸し煎茶・単一農園茶 リーフ60g】【メール便可】

毎日、たっぷり飲みたい派に。

ひとつの農園の一番摘み茶葉だけを100%使用した単一農園茶です。


掛川 単一 日常茶 葉

静岡県産掛川茶(かけがわちゃ)【日常茶におすすめ・深蒸し煎茶・単一農園茶 リーフ60g】【メール便可】

価格:

540円 (税抜 500円、税 40円)

[ポイント還元 5ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

掛川 単一 日常茶 茶
特別なお茶もないと困るけれど、
いちばん嬉しいのは日常のお茶が、
すごく美味しいと思えること。


深蒸し煎茶です。コクがあり、ほどよい濃さもある。
ただし濃厚にはなりすぎず、後味は爽やか。
重たすぎないので、ゴクゴク飲めます。

お茶だけで飲むもよし。
食事に合わせるもよし。
おやつに合わせるもよし。

時間帯を選ばずに、いつでも飲みたい味、その許容範囲の広さが、このお茶の良いところです。

特別なお茶もないと困るけれど、
いちばん嬉しいのは日常のお茶が、
すごく美味しいと思えること。

一番茶を100%を使用しています。
一番茶の季節には、一番最初に芽吹いたものにはじまり、次々と新芽が出そろってきます。 このお茶は、一番茶摘採の中盤から後半に摘んだ新芽のなかから厳選して園内の茶葉のみをブレンドしています。



産地より


ひらの園

静岡県の西部に位置する掛川地区で、家族経営の静岡の小さな小さな「茶専門農家」として現在5代目。
100%自園の葉っぱだけでのお茶づくりを畑から商品になるまで一貫して行っています。
最も品質のよい「一番茶」のみを原料とし、高品質なお茶にこだわります。
お客様のクチに入る新芽には農薬をかけず、年間を通じて減農薬・減化学肥料で栽培し、残留農薬検査も毎年行います。
畑には、有機肥料を主体とし、冬には大変に手間がかかる茶草場農法を取り入れ、環境にやさしい土づくりに励んでいます。
すべては、飲んでくれる人達の笑顔を思い浮かべながら!!


ひとり分をおいしく淹れたい


約30秒ほど待ちます。
急須をゆっくりと2〜3回おじぎさせるように小分けにして注いでみてください。

★茶葉:大さじスプーンに二分の一くらい(約4g)
煎茶椀1杯 60ccくらいの湯量に対して。
★お湯の温度:80℃
★浸出時間:約30秒(濃くしたい方は60秒)



2〜3人分をおいしく淹れたい


★茶葉:大さじスプーンに軽く1杯くらい(約7g)
100〜150ccくらい(煎茶碗2杯分)の湯量に対して。
★お湯の温度:80℃
★浸出時間:約30秒(濃くしたい方は60秒)


お湯の温度の調整方法


沸騰したお湯を湯冷まし(なければマグカップなどでもOK)にとり、
この一行程でお湯の温度が約10度下がります。

湯冷ましをする方法
沸騰したお湯を、湯冷まし(なければマグカップ)に移します。これで80度。

急須のフタをして、待ってから、
静かに湯呑にそそぎわけます。
いっきに注がずに、急須をゆっくりと2〜3回おじぎさせるように小分けに注ぐと、徐々に濃さを出すことができます。

必ず、最後の一滴まで注ぎ切りましょう。

【二煎目もおいしくいただけます】

二煎目からは、やや熱めの湯(90度)を急須にいれて、待たずにすぐに注いでください。
点線画像ima


お茶の甘みとか渋みとかがイマイチ良く分からない人という人がいます。
でも、それはそれでOKです。
言葉で伝えるために、文章にしていますが、飲んで判断です。
お茶は「自分好み」「おいしい」、それが一番です。
いろんな種類を飲んでみたいから「100gだと多すぎる」というお声をいただき、当店では茶葉は、ハーフサイズの40〜50gでの少量販売しております。
一人分をいれるのであれば、約10回分。
二煎目も飲めますので十分にお楽しみいただけます。

点線画像ima


このお茶は、こんなときにおすすめです


朝、気持ちよく目を覚ましたいとき

気分をすっきり切り替えたいとき

食後のお茶として

魚、肉、ごはん、野菜・・・食事の時間の飲み物として

大福やたいやき、餡子のおやつのおともに


おすすめペアリング


大福
たいやき
おにぎり
和定食
ドーナツ
とんかつなどの揚げ物

点線画像ima
◆商品内容◆
名称:煎茶
原材料:緑茶(静岡県)
内容量:60g
賞味期限:製造日より6か月
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、移り香りに注意して保存してください

【こちらの商品はお茶専用のアルミ袋でお届けします】
開封後は、茶筒などの保存容器に茶葉を移し替えることをおすすめします。
開封後はお早目にお飲みください。または、袋のクチをしっかりととめて、さらにジップロックなどの袋にいれてほかの食品の移り香りがつかないようにして保存してください。
煎茶の葉は、光・温度・湿気で劣化しますので直射日光、高温多湿を避けてください。

お茶は鮮度が大切です。購入したらすぐに味わってくださいね。
開封したら1ヶ月くらいで飲みきってしまうのがよいでしょう。

ページトップへ