カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

Kaoru Kawabata

私のリラックス法FV

川端薫TOP2

川端 薫 さん カフェ勤務 1983年生まれ

リラックスQ1

仕事は好きです。

ソーシャルデザインの会社の社内に設置されたカフェで働いています。まだまだ新しいカフェで、すべてが決まり切っていないので、接客はもちろん商品開発や企画イベントのお手伝いをさせて頂いております。

リラックス法Q2決

失敗、憤りを感じる原因が自分にある時に口惜しさを感じます。

簡単なことを忘れたり、大きな視点で物事を考えられなかったり、ちょっとした配慮を配ることができなかったときに、苛立たしさを感じてしまいます。

リラックスQ3

●「思考を気楽に」

人に変化を求めるよりも自分が変わるほうが早いということを実行し始めてから、無駄に悩むことが減った気がします。人のせいにすることを止め、問題の中で自分の変化により解決できるように考えるようになりました。気が楽になります。

●「神社を訪れる」

●「自分も一生懸命に楽しむ」

一番のリラックス法は、3歳のかわいい息子が楽しく過ごせる時間を持つこと。遊ばせるではなく、自分も一生懸命に遊ぶ。素直に喜んでもらえることで、真の喜びを得られます。私にとっては育児はストレスではなく、逆に癒される時間になっていることが、幸運なことかもしれません。

特集リラックス 川端02

リラックスQ4

自然に触れること。

トレッキングとかお寺で泊まり込みの修業にも興味があります。

牧場に行って動物を育てるお手伝いもしてみたい。

マテリアルワールドから抜け出すことで、真の幸せを得られるのではないかという気がしています。

特集リラックス 川端

リラックスQ5

人に優しく自分に優しい女性。

常に心に余裕を持っていて、周りの人に安らぎと元気を与えられる人。

内側からオーラが出ている女性になりたいです。

---------------------------------

編集後記

私もお仕事でお世話になっている大阪のNPO法人「ハローライフ」内にあるカフェ、CHASHITU for workerに勤務されている薫さん。扉を開けて真っ先に目に飛び込んでくるのがこのカフェなので、お客様とのファーストコンタクトとして重要な立ち位置です。やわらかな笑顔がとても素敵で、凛と美しい女性だなあ、というのが第一印象でした。マテリアルワールドから抜け出すことで、真の幸せを得られるのではないかという言葉は、ドキッとしました。自分の人生で大切な事の軸がはっきりとしている女性にオーラが漂うのかもしれません。薫さん、子育てとお仕事で大変お忙しい中、ありがとうございました!

Rika Ito 

私のリラックス法FV

伊藤里香さんTOP2

伊藤里香さん 会社員 1991年生まれ

リラックスQ1

現在は、金融の経営企画部門で海外拠点の営業目標の策定、実績データ管理、6か国にある海外現地採用スタッフの研修内容の企画などを担当しています。学生時代に留学していたこともあり、自分の中に「日本のいいものを海外に届けていきたい」という想いがずっとありました。近々仕事を変えることが決まっており、次のお仕事は、酢の製造メーカーで国内はもちろん、海外へも自社商品の魅力を伝えるお仕事です。

仕事、はたらくことは好きです。将来、結婚しても子供ができたとしても仕事は続けたいと思っています。

リラックス法Q2決

このやり方でやりなさい、と言われちゃうとき。まだ若者なので周囲の大人から「〜しなさい、〜であるべき!」と頭ごなしに決められると有り難いとは思いつつストレスを感じていまいます。これは仕事でもプライベートでも。

あとは、自分の考えが固まらなくて、進む道がわからなくて、どうしようという不安が生じたときにストレスだと感じます。

それ以外はストレスはあまり感じない。私の場合は、思考と精神面でのストレスがほとんどなので、身体の疲れはとにかく寝るに限ります。基本、早寝早起きを心掛けています。

リラックスQ3

●「ノートに書きだす」

私のストレスは、対人とか疲労というよりは、自分の頭の中に発生しているものなので、悩んだりしたときに文字で書きだします。

考えの整理と自分の中の宣言書みたいな感じ。

書きだすことで思考がはっきりして、気持ちのモヤモヤがなくなっていく。

書くのは土曜日の朝です。今ままでもそうしていたのですが「土曜日の朝、目標をたてるとよい」というのを本で読んで、理にかなっていたことを再認識。なにか決めたいことがあるときは、決断は土曜日の朝にしています。

●「整理整頓」

気が滅入ったら、掃除します。掃除というより整理整頓。

私の場合は、掃除イコール衛生面のきれいさよりも、整理整頓されていてモノが出ていないでスッキリと片付いていることが大事。

●「温かいものに包まれていたい」

温かい飲み物。いろいろ飲みます。カフェ巡りは趣味なので珈琲大好きです。

外で飲むものは珈琲。

内(家)で飲むものは緑茶かルイボス。

特にこれという理由もないのですが、内外で飲み物わけています。家では温かいお茶派です。

ストレスを感じたとき、まずは自分と向かい合いたい。人と会ってストレス解消するのは、その次なのかな。

伊藤里香02

リラックスQ4

お寺に行って、写経とか座禅とか抹茶とか。

お寺系のことに「ひとりで行ける」こと。「ひとりで行ける」はポイントで、ワンランク上の行動、ふるまいのような気がします。

スリランカを訪れるアーユルヴェーダの旅もエステや薬膳などリラックスしながら異空間を味わえそうで憧れます。

伊藤里香03

リラックスQ5

他人と比較しない自分に自信のある女性。

自分なりの美しさを追求している女性。

たちふるまいがしっかりした女性。

周りの人から好かれる人間らしさや可愛らしさもありつつ、マナーとか知性、知ってなきゃいけないことを知っている女性。

情報に対して、アンテナを高くできる女性。

年齢を重ねても「私はこうだから」と決めつけないで、世の中のトレンド(ファッションも!)への好奇心を忘れないで、知った上で自分に似合うものを選んで身に着けられるような女性が素敵だなあと思います。

---------------------------------

編集後記

小柄で可愛らしい雰囲気だけど、お話してみると、知的で明快でしっかりしていてパワーあるなあと感じました。「自分で決めたい、自分で決めたことで失敗したら責任は自分なので。他人に責任転嫁したくない。」とおっしゃっていたのも印象的。我儘とは違う、自分の想いを貫きたい、ってところが芯があってカッコイイです。1991年生まれと聞いて思わず「若い〜っ!」と言ってしまった私・・・自分がその年齢だったときの、人生に対する悶々とした葛藤を思い出して懐かしくなりました。里香さんが、今後のお仕事で日本のいいものを海外に伝え届けてくれることが楽しみです。それから「決断は土曜日の朝」は私も参考になりました!里香さん、ありがとうございました。

ページトップへ